NPO法人 日本予防医学未病研究会 推奨 無痛ゆらし療法(Painless Swing Therapy)専門院

電話、メールでのご予約・お問い合わせ(完全予約制)TEL.078-334-0706 (土日も対応)
メール.info@pst-kobe.com(24時間受付)

ジャンパー膝

クイック解説

 ジャンパー膝とは?


一般病理学によると

ジャンパー膝とは、ジャンプやキック、激しいスタート・ストップを繰り返すスポーツ活動によって起こる、膝蓋骨(膝のお皿)周辺に出る痛みの事を言い、多くは15歳以上で発症します。

バレーボール・バスケットボール・サッカー・体操などの選手によく見られ、運動時に痛みが強く、安静時には軽減します。

ジャンプやキックの際に、膝を伸ばす為の筋肉・腱・靱帯などの使いすぎにより、痛みが発生すると考えられています。

膝蓋骨上部に痛みの出る【大腿四頭筋腱炎】・膝蓋靱帯に痛みの出る【膝蓋靱帯炎】などを総称してジャンパー膝と呼んでいます。


西洋医学的見地によると、治療は保存療法(手術しない)が一般的で、スポーツ活動を一時的に中止するように言われるようです。

痛みに対して消炎鎮痛剤の投与や、温熱療法・ストレッチング・筋力強化運動などの指導を受ける場合もあるようです。

また、膝蓋骨下端に骨化・石灰化が認められた場合は、ギブス固定を行う場合もあると言われています。


やすらぎでは

ジャンプやキックなどの激しい運動を重ね、体の回復が間に合わない状態になると、筋肉に疲労がたまり異常に緊張します。

太ももの筋肉が異常緊張すると、膝周辺の筋肉をうまく使えずに、膝関節本来の動きができなくなります。

その結果、負担のかかる場所に痛みが発生してしまいます。

筋肉の緊張をしっかりと取り除き、膝関節の負担をなくすことで,痛み無く運動を行えると考えています。

肉離れ(お客様インタビュー)

ジャンパー膝体験談

※体験談及びインタビューは、事実を元に構成しておりますが効果を保証するものではございません。
※体験談一覧に登場する病名及び症状名は各医療機関の診断をお客様よりお聞きしたまま使用しております。

■ 10代 高校生 男性

 

―施術前の状態―

2008年の10月頃から膝が痛み出し、バスケットの練習が辛くなってきました。
チームで勧められた病院に行ったら、ジャンパー膝だと言われ、部活は休んで静養するように言われました。
1ヶ月くらい休んでも痛みは変わらず良くならなかったので、インターネットでジャンパー膝の事を調べていたら、やすらぎを見つけました。
行ってみようかどうしようか迷っていましたが、なんとか良くしたかったので予約をしてみました。

 

―施術を受けて―

信じられない!本当?!って感じでした。
1回で痛みは全くなくなり、元の体に戻ったようです。
もう部活に出て、走っても、何をしても大丈夫でした。
1ヶ月も休まずに、早くやすらぎに来ればよかったと思いました。

 

 

■ 10代 中学生 男性

 

―施術前の状態―

母:息子は陸上をやっているのですが、今年の秋頃から膝が痛いと言いだしました。
整形外科に行き、レントゲンを撮っても、骨には異常がないということでした。
お医者さんにはジャンパー膝だろうと診断され、無理をせずに運動は避けるよう言われました。
2週間程運動をせず、安静にしていたのですが、状態は一向に良くなりませんでした。
その後、整骨院にも毎日通うようにしましたが、痛みがなくなることはありませんでした。

そんな時、知人の紹介でやすらぎを知り、ホームページを見るとジャンパー膝が良くなるとあったので、連れてきました。

 

―施術を受けて―

母:本当に知人が言っていた通りで、「1度でこんなに痛みがなくなるなんて!」と驚きました。
痛くないと言っている様子を見て、とても感謝しています。
少しづつ運動を始めていいということなので、息子も喜んでいます。

 

 

■ 20代 女性

 

―施術前の状態―

一昨年の秋より両膝に痛みが出て、走ったり、しゃがんだり、飛び上がったりする事が難しくなりました。

整形外科でジャンパー膝と診断され、接骨院や整体院を試しましたが、良くなりませんでした。
何かいい方法はないかと検索して調べていたら、こちらのHPを見つけました。
1年かけてもなおらなかった痛みが、短期でなくなるのか半信半疑でしたが、「なおるのなら試してみよう」と思いました。

 

 

―施術を受けて―

本当になおったので驚きでした。
痛みは完全にとれ、今までの常識にとらわれず、試してみてよかったです。
ありがとうございました!

体験談一覧へ


恵比寿療法院やすらぎ 三宮店

〒650-0012
兵庫県神戸市
中央区北長狭通3-1-14 
トアロード岸田ビル3F東室
TEL 078-334-0706
FAX 078-334-0708